青汁に関する疑問を解決!青汁なるほどQ&A

緑の野菜といえば、ほうれん草。ほうれん草の青汁ってないの?

ポパイがパワーアップする時にほうれん草を食べますよね。なのでなんとなくほうれん草には栄養満点なイメージがあるのですが、ほうれん草の青汁は無いのでしょうか?


ほうれん草がメインの青汁というものは無いようです。何種類もの原料の中の一つとして入っている場合はありますが、それも稀なんです。一体何故なのでしょうか?


それは生のほうれん草を摂取するとシュウ酸という成分も取り込むことになり、それが腎臓結石や膀胱結石の原因になるおそれがあるからです。


シュウ酸は、カルシウムと結合しやすい性質がありますが、通常は腸の中で結合して便と一緒に排泄されます。しかしシュウ酸の量が多いと尿の中に出てきてしまい、尿の中でカルシウムと結合して石のようなかたまりになってしまいます。


胆石、すい炎、結石の痛みは3大激痛といわれていて、そのなかで結石は「七転八倒の苦しみ」などと言われています。想像しただけで怖いです。健康のために青汁を飲んでいるのに七転八倒の苦しみを与えられたらたまったもんじゃありません。


となるとほうれん草を食べるのを控えたほうがいいのかと思ってしまいますが、シュウ酸は水溶性です。茹でることにより70から80%程度も減らすことが出来るので、調理された、生の物でなければ大丈夫です。


何気なくほうれん草のおひたしを食べていますが、こんな理由もあるんですね。自宅で青汁をつくるという人は、ほうれん草を入れるのは避けましょう。ちなみに、シュウ酸が多い緑色野菜にはほうれん草以外にも小松菜やモロヘイヤなどがあります。これも青汁にするのは、避けたほうがよさそうですね。


また、緑色野菜以外にもシュウ酸が多い食べ物はあります。コーヒー、紅茶、緑茶、チョコレート、ココアパウダー、ナッツ類、大豆、大豆製品などです。普通に食べたり、飲んだりしている分には問題ないでしょうが、多少意識しておいたほうがいいのかもしれません。


豆知識『尿路結石予防法』


結石の話が出たので、尿路結石予防法について少しかきましょう。


◯水分補給
水分をたくさんとると、おしっこの量を増え、尿路結石の予防になります。おしっこの量が増えるというのは、薄くなるということ。結石をつくる物質も溶けやすく、排泄されやすくなります。


普段、1日のおしっこの量は1.2リットルくらいですが、尿路結石の予防には、2リットルが理想だといわれています。


◯カルシウム摂取
尿路結石の約9割が、カルシウムを含んだ結石。となるとカルシウムは、あんまりとらないほうがいい気がしますが、その逆なんです。カルシウムをとることで、腸の中でシュウ酸と結合、便と一緒にシュウ酸を外に出してしまいます。摂取の目安は、1日600mg以上です。


シュウ酸の多い食品は、カルシウムといっしょにとった方がいいというのもあります。シュウ酸が腸から吸収されるのを妨げてくれるからです。


ホウレンソウのおひたしに、カツオブシをかけたり、タケノコとワカメを一緒に煮たりするのには、その効果があります。ココアや紅茶を飲む場合、ミルク入りで、チョコレートもミルクチョコレートの方がいいです。


この記事を読んだ人にオススメのその他の記事

青汁とグリーンスムージーの違いは?
青汁以外の健康飲料あれこれ
手作り、自家製の青汁のポイントは?
非加熱の青汁(低温乾燥・遠赤外線・フリーズドライ)





はじめての人はまずここから!青汁基本ゼミナール

 

あんなことにまで効くの?!こんなにあった青汁の効果・効能

 

青汁の青は何の青色?青汁のいろいろな材料

 

青汁にもいろいろなタイプあり!形状・特徴

 

青汁に関する疑問を解決!青汁なるほどQ&A

 

青汁に関することならなんでもござれ!青汁こぼれ話

 

人気の青汁一覧

 

健康についての豆知識