健康についての豆知識

妊娠前・妊娠中に「葉酸」を摂ると良いと言われる理由

妊娠を希望する女性は葉酸を取った方が良い、と聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。葉酸は、胎児の発育のために欠かせない栄養素で、不足してしまうと脳や神経の先天性異常や貧血を引き起こすことがあると言われています。


しかし、胎児の発育に関わる栄養素であるなら、なぜ妊娠前から摂らなければならないと言われるのでしょうか。それは、胎児が脳や神経を作る期間が妊娠3カ月ほどまでの期間であることと関係しています。女性が妊娠に気づく時期というのは人それぞれですが、妊娠超初期はほとんどの人が気づいていませんし、人によっては妊娠3カ月を過ぎて気づく場合もあります。


その場合、既に胎児が葉酸を必要とする期間が過ぎてしまうということになります。妊娠を希望した段階で葉酸を摂っていれば、このように必要な時期に不足するということがないのです。


では、葉酸はどのような食品に含まれているのでしょうか。ほうれん草や春菊、菜の花などの葉物野菜や、牛レバーなどの食品に多く含まれています。成人女性に必要な葉酸は1日240μg、妊婦の場合は480μgという量が推奨されています。


480μgという数字は、ほうれん草に換算すると1束分にあたります。なかなか食品から毎日この量を摂取するのは難しいと言えるかもしれません。


そんな時におすすめなのがサプリメントです。葉酸のサプリメントは様々なメーカーから商品化されています。食品からの摂取に加えて上手に取り入れることで手軽に不足分を補うことができます。


このように葉酸が胎児の発育に大切な栄養素であることは間違いないのですが、それさえ気を付けていれば大丈夫というものではありません。あくまでも基本となるのは、バランスの良い食事です。妊娠期間は特に糖質・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルなどの栄養素をバランスよくとれているかに注意しながら、その上でサプリメントなどを上手に利用するようにしましょう。





はじめての人はまずここから!青汁基本ゼミナール

 

あんなことにまで効くの?!こんなにあった青汁の効果・効能

 

青汁の青は何の青色?青汁のいろいろな材料

 

青汁にもいろいろなタイプあり!形状・特徴

 

青汁に関する疑問を解決!青汁なるほどQ&A

 

青汁に関することならなんでもござれ!青汁こぼれ話

 

人気の青汁一覧

 

健康についての豆知識