健康についての豆知識

健康茶・アロマテラピーで使われる「ジャスミン」を徹底解剖

甘美でエキゾチックな花の香りで有名なジャスミンは、お茶や精油(アロマオイル)などでよく使用されています。


中国では、ジャスミンティーは不老長寿の薬として、昔から愛飲されてきました。ジャスミンティーを飲むことで、豊富なビタミンやミネラルを効率よく摂取することができます。女性ホルモンを整える効果もあり、ホルモンバランスの崩れによる肌荒れの予防にも効果的です。ジャスミンティーの解毒作用が二日酔いを軽減させたり、食べ過ぎによる胃腸の不調を整えてくれます。


カフェインとタンニンが含まれているので、朝目覚めの一杯にジャスミンティーを飲むのもおすすめです。しかし、ジャスミンティーには利尿作用の副作用があります。老廃物を排出して浮腫みをとる効果もある一方で、過剰な利尿により体内の水分が多く奪われ、喉の渇きを引き起こしてしまいます。水分をたくさん摂取して利尿作用を起こすダイエット方法もありますが、ジャスミンティーはカフェインを含んでいるため、過剰な摂取は要注意です。


その他、リラックス効果や不眠改善といった特徴は、アロマテラピーでも取り入れられています。ジャスミンの精油の抽出は非常に難しく、膨大な量の花が必要となります。香りがもっとも強くなる夜明けから明け方にかけて、人の手で一つ一つ丁寧に摘みとられています。そのため、「花の精油の王」とも呼ばれ、高価なものとして知られています。


ジャスミンの香りによって、感情の混乱からくる不安を和らげ、自信を取り戻す力を与えてくれます。気分が落ち込んでいるとき、何事にも無気力なとき、自信を失ったときには、ジャスミンの香りが手助けしてくれることでしょう。また、マタニティブルーのとき、産後に無気力な状態になったときにも、ジャスミンの香りはおすすめです。


仕事で疲れたとき、悩み事などで気分が滅入っているとき、悲しいことがあったときには、ジャスミンの精油を使用したアロマテラピーや、のんびりジャスミンティーを飲んで、ほっと一息つきましょう。






はじめての人はまずここから!青汁基本ゼミナール

 

あんなことにまで効くの?!こんなにあった青汁の効果・効能

 

青汁の青は何の青色?青汁のいろいろな材料

 

青汁にもいろいろなタイプあり!形状・特徴

 

青汁に関する疑問を解決!青汁なるほどQ&A

 

青汁に関することならなんでもござれ!青汁こぼれ話

 

人気の青汁一覧

 

健康についての豆知識