健康についての豆知識

タマネギに多く含まれている「ケルセチン」という成分の説明

タマネギはカレーや肉じゃがなどのお料理に欠かせない野菜です。玉ねぎは煮ても焼いても美味しくて他の素材との相性も良いことから、様々なレシピで使用されています。またタマネギには昔から血液をサラサラにするなどの、健康効果も高いとされている野菜です。


そのタマネギに含まれるケルセチンという成分には様々な美容や健康の効果が期待出来ると言われています。ケルセチンはポリフェノールの1種です。ポリフェノールはワインなどにも含まれる成分で、非常に高い抗酸化作用を持つとされています。


またポリフェノールはビタミンPと似た作用を持つことでも知られています。ビタミンPとはあまりなじみのない栄養素ですが、主にまたビタミンCの吸収を助ける作用があります。人間の体内で様々な働きをするビタミンCは非常に壊れやすい性質を持っています。ビタミンPには体内でのビタミンCの吸収率を高め、ビタミンCの効能が効率良く発揮出来る環境を整えます。そのため人間の体に有害な活性酸素を除去する強力な抗酸化作用に優れています。


ケルセチンの持つ高い抗酸化作用は活性酸素を除去することから、加齢による老化のスピードを遅らせたり様々な病気の予防に良いとされています。またケルセチンには血管壁や毛細血管を丈夫にすることから血液をサラサラにするので、高血圧や動脈硬化などの病気への予防に良いとされています。さらにケルセチンには腸内環境を正常に整えたり、皮膚の細胞を強くする作用もあると言います。


ケルセチンには抗アレルギー作用もあるので、長期間定期的に服用すれば花粉症やアトピー性皮膚炎などの症状の緩和にも期待が出来ると言われています。このようにタマネギに含まれるケルセチンには実に多くの効能があるので、アンチエイジングや病気の予防などに最適な成分だとして注目を集めています。ケルセチンはタマネギの皮の部分に多く含まれています。


また油との相性が良いという報告もあるので、炒め料理などは効率良く成分を吸収するのに最適だと言えます。






はじめての人はまずここから!青汁基本ゼミナール

 

あんなことにまで効くの?!こんなにあった青汁の効果・効能

 

青汁の青は何の青色?青汁のいろいろな材料

 

青汁にもいろいろなタイプあり!形状・特徴

 

青汁に関する疑問を解決!青汁なるほどQ&A

 

青汁に関することならなんでもござれ!青汁こぼれ話

 

人気の青汁一覧

 

健康についての豆知識