健康についての豆知識

カテキンの効果は?脂肪の吸収を抑える・抗酸化作用など

カテキンはお茶の渋み成分であるタンニンに含まれる物質で、ポリフェノール、フラボノイドの一種です。お茶のカテキンは日本で発見され研究が続けられています。葉の中には形の違う4種類のカテキンが存在しており、加熱処理をする段階で形が一部かわります。


また、酸化されやすい特徴がありウーロン茶や紅茶には酸化酵素が働くため合成されたカテキンがつくられます。そのため、これらの飲み物は緑色でなく違う色に変化しています。緑茶は製造法が違うのでほとんど酸化されません。


カテキンは一番茶より二番茶の方が多く含まれています。また、若い葉の方が成熟したものより多く含まれています。抗ガン作用や脂肪燃焼効果、消臭効果、抗酸化作用が確認されているので注目されています。富山医科薬科大学ではお茶をたくさん飲むと糖尿病を防ぐ効果があることを発表しており、臨床実験でも血糖降下が確認されました。


その他の効果としてはアレルギー反応を抑える働きがあります。カテキンには鼻水や頭痛、くしゃみ、かゆみを抑える働きがあり、カテキンを多めに摂取するとアレルギーを50%抑えることができます。飲むだけでなく、うがいだけでも効果があります。


その他には脂肪を分解する酵素の働きを助ける抗酸化作用があるため、ダイエット効果があります。その際、運動をする前に飲むとより効果が現れます。


抗酸化作用により脂肪を燃焼させる効果の他、カテキン強い殺菌作用によって、風邪などのウイルスが体に侵入することも防いでいます。また、口の中にいるミュータンス菌の増殖も抑えるため虫歯予防にも最適です。大変薄い状態で摂取しても抗菌作用は高く、0-157やブドウ球菌、ボツリヌス菌などの食中毒菌も死滅させることが可能です。


ですが、ペットボトルで売られているものには口を直接つけて飲むこともあり、殺菌作用は微量になってしまいます。脂肪を効率よく燃焼させ、吸収することができるので、優秀な飲み物と言えます。





はじめての人はまずここから!青汁基本ゼミナール

 

あんなことにまで効くの?!こんなにあった青汁の効果・効能

 

青汁の青は何の青色?青汁のいろいろな材料

 

青汁にもいろいろなタイプあり!形状・特徴

 

青汁に関する疑問を解決!青汁なるほどQ&A

 

青汁に関することならなんでもござれ!青汁こぼれ話

 

人気の青汁一覧

 

健康についての豆知識