人気の青汁一覧

明日葉に大麦若葉・桑の葉をブレンドした青汁「ふるさと青汁(マイケア)」

「ふるさと青汁」は、栄養価の高い明日葉をはじめとして、大麦若葉・桑の葉を使って作られた青汁です。


販売元は「マイケア」。販売数7千万杯以上のロングセラーの青汁です。実際に飲んだ方の中の7割以上の方々が14日以内に何かしらの変化を実感しているという実感率の高さが人気の秘訣です。



>>「ふるさと青汁」詳細はコチラ




お腹がぽっこりとふくらんできていたり、ふくらはぎのむくみが気になったり・・・といった、老廃物や水分をからだにためてしまいがちな女性に試してもらいたい青汁です。


日々重なるストレスや生活習慣の乱れが原因とは分かっていても、家事や仕事に毎日追われていてなかなか改善できないなぁ・・・という方は「ふるさと青汁」に改善のお手伝いをしてもらうという方法もあります。加えて、運動習慣を取り入れたり、食生活を改善していけばより良いことは言うまでもないですよね。


八丈島産の「明日葉」を採用


「ふるさと青汁」は伊豆諸島の八丈島が原産地の栄養素豊富な緑黄色野菜である「明日葉」を使用。明日葉というと本島に住んでいる私たちにはあまりなじみのない緑黄色野菜ではありますが、八丈島の島民のみなさんには昔から健康食として有名で好んで食べられてきたそうですよ。


食物繊維・ミネラル・ビタミンなどの、日常の食生活で不足しがちな多くの栄養素を含有している野菜なのです。


そして、もう1つ。明日葉の成分で忘れてはならないのが「カルコン」という成分です。カルコンは明日葉の根に最も多く含まれていますが、その根までふるさと青汁では丸ごと使っているのです。


カルコンは明日葉独特の希少性も高いポリフェノールの1種であり、めぐりが悪くなってしまっている通路を広くすることによって、流れを良くする効能があるとされています。めぐりが良くなることによって、その他の栄養素も使いやすくなっていくので、これによって我々の体にとって不要な悪いものを外へ出してくれることになります。


明日葉はカリウムも多く含有しています。カリウムは余っている水分を外に出してくれる効果があるので、カルコンとカリウムによって体の中のお掃除をされる、ということが期待できるのです。そんな八丈島産の化学肥料や農薬を使わずに栽培された明日葉を使用してできた青汁です。


味は?


いくら栄養価が高くても、味が青汁っぽくてまずければ、継続的に飲み続けるのはなかなか億劫になってしまいがちなものです。明日葉はセリ科独特のさわやかな香りがし、ヨモギに香りが似ているともよく言われています。


飲みやすい青汁にするための工夫として、島根県産の桑の葉や熊本県産の大麦若葉とオリジナルのバランスによって混ぜています。この配合によって、明日葉の高い栄養価を活かしたままで、なおかつ、抹茶のような風味がして飲みやすくて美味しい青汁へ製品化することに成功しています。


普通に水に混ぜて飲んでも抹茶のような味で美味しく飲めますし、ヨーグルトや牛乳で割って飲むのも好評のようですよ。



>>「ふるさと青汁」詳細はコチラ




「めぐりごこち 楽・月・花」


ふるさと青汁の「マイケア」からは、もう1つ青汁が発売されており、「めぐりごこち 楽・月・花(らくげっか)」というハーブ系青汁です。


女性特有の毎月の悩み。イライラやズキズキした痛みが辛い・・・という方におすすめの青汁です。生理痛や冷え・くすみ・クマが気になる女性に支持されています。


冷えてしまいがちな女性の身体を、生姜・黒糖・ヒハツ(ナガコショウ)がぽかぽかへと導いてくれます。ふるさと青汁と同じく「明日葉」が含まれるほか、鉄分や美肌成分を補うための「きくらげ」も含有。西洋ヤナギ・西洋オトギリソウ・西洋ニンジンボクなどのリラックス効果のある成分も配合。


>>「めぐりごこち 楽・月・花」詳細はコチラ







はじめての人はまずここから!青汁基本ゼミナール

 

あんなことにまで効くの?!こんなにあった青汁の効果・効能

 

青汁の青は何の青色?青汁のいろいろな材料

 

青汁にもいろいろなタイプあり!形状・特徴

 

青汁に関する疑問を解決!青汁なるほどQ&A

 

青汁に関することならなんでもござれ!青汁こぼれ話

 

人気の青汁一覧

 

健康についての豆知識