人気の青汁一覧

お酒に合う青汁?!生きた乳酸菌・生きた酵素の「生青汁」

「生青汁」は1杯内に、生きた乳酸菌を含む201億個の乳酸菌が入っている青汁です。低温乾燥製法によって生きた酵素が、腸・胃で働いてくれます。「生きた乳酸菌」と「生きた酵素」という特徴のある青汁です。


通販としてはもちろん、CAFFEE&BAR「FRONT」の一部店舗でも提供されている青汁です。



>>「生青汁」詳細はコチラ




201億個の乳酸菌


生青汁には1包みあたりに、乳酸菌EC?12(死菌)と活性乳酸菌(生菌)が合わせて201億個以上入っています。ゆっくりと低温で乾燥させる方法で作られている青汁なので、生きたままの乳酸菌を配合させることができているのです。


通常の作り方の場合には、乳酸菌はもともと熱に弱いという特徴を持っているので、加工される過程でそのほとんどが死んでしまうのです。


生きた酵素


酵素も乳酸菌と同じように、熱に弱いという特徴がありますが、低温で乾燥させる製法を用いている生青汁では酵素も生きたままの状態で摂ることが可能となっています。


脂質・タンパク質などを分解してくれる役割を持っている酵素は、年齢を重ねるとともに減っていってしまいます。


そんな我々の身体にとって大事な酵素ですが、ほとんどの青汁の場合には製造過程において酵素は全部失われてしまっています。高熱で加熱されて製造されている青汁では食物繊維は摂取することはできても酵素は破壊されてしまっており摂ることができなくなっています。


一方で、保存料・香料・食塩は一切不使用で、安心感があります。


国産青葉のみ使用


伊豆・九州の自社農場または自社農場の契約農家にて徹底した管理の元で栽培。化学肥料には頼ることなく、そして栽培期間の間は農薬を使用せず育てられています。


以上のようにして栽培されている以下の4種類の青葉が生青汁には使用されています。


大麦若葉・・・鉄分・ビタミン・食物繊維が豊富な青葉。抹茶に似た味が特徴的で、他の青汁商品の中にも主成分として採用されていることが多いです。


明日葉・・・ミネラル・ビタミンE・食物繊維を豊富に含有し、生命力の強い植物です。こちらも、他の青汁商品の中には「明日葉」という名前自体が商品の名前としてついていることもあります。


ケール・・・まだ「青汁」という健康食品が日本でそれほど有名にはなっていなかった頃から、青汁の主成分として使われていた野菜です。通称で「野菜の王様」と呼ばれることもあるようです。


緑茶、ほうじ茶・・・うまみ、苦み、渋みがあるのが特徴的であり、茶カテキン(ポリフェノールの1種です)が豊富に含まれています。この2つの日本人の身近にある茶をバランスよく組み合わせることによって、青汁独特の青臭さを抑え、お酒と混ぜても美味しくなるような味となっています。


お酒に合う青汁?


麦焼酎と合わせて「生青汁ハイ」としたり、ウォッカ・レモン・ソルトと合わせて「生青汁ドッグ」、さらに、ビールに入れて「生青汁ビール」なんて飲み方をしても美味しくいただけるそうです。お酒好きな方はぜひレパートリーの1つにしてみてください。今までよりも健康的にお酒を楽しむことができますね。


このように、お酒に合う青汁のため、東京都内を中心として、バー・居酒屋・クラブ700店舗で生青汁ドリンクがメニューに追加されているほどなんです。「カフェ&バー プロント」には「生青汁モヒート」というメニューができています。



>>「生青汁」詳細はコチラ








はじめての人はまずここから!青汁基本ゼミナール

 

あんなことにまで効くの?!こんなにあった青汁の効果・効能

 

青汁の青は何の青色?青汁のいろいろな材料

 

青汁にもいろいろなタイプあり!形状・特徴

 

青汁に関する疑問を解決!青汁なるほどQ&A

 

青汁に関することならなんでもござれ!青汁こぼれ話

 

人気の青汁一覧

 

健康についての豆知識