青汁にもいろいろなタイプあり!形状・特徴

青汁の形状チェック(粉末、液体、錠剤、フリーズドライ、ジェル)

青汁には色んなタイプ、形状のものがあります。なんと錠剤の物まであるんですよー。溶かして飲むわけではないので厳密には青汁とは言えないかもしれませんが...。形状によってそれぞれ特徴があります。自分の目的に合わせて飲みやすいものや続けやすいものを選ぶようにしましょう。


粉末


粉の状態になっている青汁です。青汁を乾燥させて粉にしたもので、現在主流の青汁のタイプです。口コミで広がっているのもこれです。一回分ずつ、個別に包装がしてあります。見たことがある人も多いでしょう。


その粉末を水などで溶かして飲みます。インスタントコーヒーのようなものでしょうか。必ず水に溶かして飲まなければならないことは無く、中にはヨーグルトにふりかけて食べる人もいます。お菓子や料理に利用する人もいます。アイデア次第で、いろいろ応用が利きやすく、摂取しやすい形状と言えますね。


液体(冷凍)


絞った青汁を冷凍して、液体の状態で販売しているものもあります。青汁は汁と言うくらいなので、これが一番正しい形なのかもしれません。余計な加工をしていない分、他のタイプと比べて栄養価が高いという特徴があります。


ただし、デメリットが2つ。値段が高いということと、青汁の青臭さや苦味が残っているということです。値段も味も二の次、とにかく栄養第一という方は、このタイプがいいでしょう。同じ液体のタイプでも濃縮されていて、あとで水で薄めるタイプのものもあります。そのタイプだとコンパクトなので冷凍庫をあまり占有せず、保存しやすいです。


錠剤(タブレット カプセル)


薬というか、青汁のサプリメントのようなタイプですね。水に混ぜたりする手間は不要だし、飲み込むだけなので苦味をかんじることもありません。


青汁の味がどうしても苦手だという方は、このタイプがいいかもしれません。ただ栄養価は粉末や液体のものと比べると劣るというデメリットはあります。あちらをたてれば、こちらがたたず...悩むところです。


フリーズドライ


水などに溶かして飲むタイプで、粉末タイプと区別がつかない人もいるかもしれません。


フリーズドライとは急速凍結させ、真空状態で乾燥させたものです。ただ単に乾燥させたものより一段階上の技術です。加熱処理をしていないので、栄養価がそのまま残っています。


分かりやすいところでいえば日清カップヌードルの具は、フリーズドライ製法つくられています。ただ、値段が高めなところがたまにキズです。


ジェル


新しいタイプの青汁です。ジェル状になった青汁が個別包装されています。水に溶かしてもいいし、そのまま飲んでもいいです。ジャムがわりにパンに塗ってもいいし、ドレッシングがわりにサラダにかけてもいいです。アイスクリームやヨーグルトにかけるのもいいでしょう。


いろいろ食べ方のバリエーションが広がるタイプです。同じ食べ方、飲み方だけではすぐ飽きてしまう人は、このタイプがいいかもしれません。何よりも大切なことは長くつづけることですからね。


この記事を読んだ人にオススメのその他の記事

非加熱の青汁(低温乾燥・遠赤外線・フリーズドライ)
青汁を使ったお菓子類 アメ、ゼリー、クッキー、チョコレートも?!
ラーメンマニアもびっくり!粉末青汁を練りこんだインスタントラーメン?!
抹茶、緑茶、烏龍茶、マテ茶、お茶入りの青汁
いろいろ入りの青汁(はちみつ、乳酸菌、きな粉、しょうが、レモンなど)





はじめての人はまずここから!青汁基本ゼミナール

 

あんなことにまで効くの?!こんなにあった青汁の効果・効能

 

青汁の青は何の青色?青汁のいろいろな材料

 

青汁にもいろいろなタイプあり!形状・特徴

 

青汁に関する疑問を解決!青汁なるほどQ&A

 

青汁に関することならなんでもござれ!青汁こぼれ話

 

人気の青汁一覧

 

健康についての豆知識