青汁にもいろいろなタイプあり!形状・特徴

コレステロール値が気になる人のための青汁(キトサン配合)

ある程度の年齢になると、健康に気を遣い始めます。そんな中気になるのがコレステロール値です。


高いコレステロール値を改善するには、

肉類を控える
野菜、海藻類を食べる
適度に運動する


などいろいろありますが、今までの生活習慣を変えてすぐに実行するのはなかなか難しいところです。まず、青汁を飲むぐらいから始めるのが手軽で良いんじゃないでしょうか。


コレステロールといっても、善玉コレステロール(HDLコレステロール)と悪玉コレステロール(LDLコレステロール)と2種類あります。


減らしたいのは動脈硬化の原因にもなってしまう悪玉コレステロールのほうです。善玉コレステロールは、余分なコレステロールを回収してくれる良いコレステロールなのでむしろ増やしたいです。


青汁には抗酸化作用があり、なんと悪玉コレステロールの数値を下げる働きをしてくれるのです。また、青汁に含まれる食物繊維にも悪玉コレステロールを排出してくれる働きがあります。もちろん善玉コレステロールが減ることはありません。


普通の青汁でもいいのですが、キトサンが配合された青汁は更にコレステロール低下が期待出来ます。キトサンとは動物性食物繊維の一種で、コレステロールの吸収を抑え、低下させる働きがあります。


(ただしキトサンはカニやエビの甲殻から抽出されるキチンと呼ばれるものから精製されているので、食品アレルギーのある方には注意が必要です。)


大正製薬の「コレスケア キトサン青汁」、アートネイチャー の「明日葉で作ったおいしい青汁」、山田養蜂場の「悠々彩々あした葉にのさらっと青汁」、ワダカルシウム製薬の「つややか青汁」などがあり、特定保健用食品(トクホ)として販売されています。青汁の力とキトサンの力、2倍の力で効いてくれそうなのでお得ですね。


何も始めなければ、何も変わりません。何かを我慢するというのは大変ですが、青汁を飲むだけのコレステロール対策は負担が少ないと思います。健康診断が待ちどおしい、次のコレステロール値を見るのが楽しみ、くらいまでになりたいものですね。


コレステロールと卵の話


コレステロールというと卵の食べ過ぎがよくないというイメージがありましが、最近その常識が変わりつつあります。


イタリア在住の115歳の女性エマ・モラノさんの長寿の秘訣は、生卵。1日3個の卵を食べ続けています。アメリカ在住の同い年、スザンナ・ジョーンズさんも毎日卵を食べているそうです。卵の食べ過ぎが体に悪いものならこんなに長生きできません。どうゆうことなんでしょう。


コレステロール値が高くなると動脈硬化が起きるといわれているのは、1913年にロシアでおこなわれたウサギの実験のため。


ウサギと人間は、当然違いますし、こんな古い実験を根拠にゆってたの...なんて思っちゃいます。


日本人の食事摂取基準2015年版では、コレステロールの目標量がなくなりました。また、
・卵の摂取量と動脈硬化性疾患の関連は認められない。
・卵の摂取量と冠動脈疾患の関連は認められない。
・卵の摂取量と虚血性心疾患や脳卒中による死亡率との関連はなく、1日卵を2個以上摂取した群とほとんど摂取しない群との死亡率を比べてみても差は認められない。
ということも結論づけられています。


たまごは、ビタミンA郡、B郡、D、E、K、亜鉛、カルシウム、リン、鉄、などが豊富に含まれた完全に近い栄養食品といわれています。世の中の常識は、かわるもの。卵はどんどん食べなさいという時代がくるかもしません。(もうきてる?)


この記事を読んだ人にオススメのその他の記事

青汁を利用して健康的なダイエット?!青汁の効果・効能
活性酸素撃退?!抗酸化でアンチエイジング 青汁の効果・効能
花粉症まで何とかしてくれる?!青汁の効果・効能
アルツハイマー病・認知症の予防にもなる?!青汁の効果・効能
これで便秘も解消?!青汁の効果・効能





はじめての人はまずここから!青汁基本ゼミナール

 

あんなことにまで効くの?!こんなにあった青汁の効果・効能

 

青汁の青は何の青色?青汁のいろいろな材料

 

青汁にもいろいろなタイプあり!形状・特徴

 

青汁に関する疑問を解決!青汁なるほどQ&A

 

青汁に関することならなんでもござれ!青汁こぼれ話

 

人気の青汁一覧

 

健康についての豆知識