青汁にもいろいろなタイプあり!形状・特徴

抹茶、緑茶、烏龍茶、マテ茶、お茶入りの青汁

青汁は見た目はお茶やお抹茶のような緑色ですが、飲んでみると...という感じですね。青汁には色んな物をブレンドした商品が発売されていて、その中にはお茶がブレンドされたものもあります。


毎日青汁を飲むのは抵抗があるという方でも、お茶だったら苦なく飲むことが出来ますよね。無理せずに続けるためにもお茶の入った青汁も良いと思いますよ。また、「お茶」と言ってもいろんな種類があります。


抹茶入り


青汁の中に抹茶がブレンドされたものがいくつかあります。抹茶の力で、青汁の不味さを軽減しているレベルでなく、純粋に美味しい...と感じさせてくれるレベルの商品もあります。美味しくて体に良いなら言うこと無しです。


抹茶の味は強いので、今まで青汁がダメだった方も飲めるようになるかもしれません。ちなみに神仙桑抹茶ゴールドの場合、20人のモニター全員が「これは青汁じゃなくて抹茶」という感想を持ったそうです。


緑茶入り


緑繋がりで...緑茶入りの青汁もあります。緑茶オンリーでブレンドされているものもありますが、色々ブレンドされているものの中の一つが緑茶の場合もあります。緑茶が入っている分、飲みやすい青汁になっています。緑茶にはビタミンCがたくさん含まれているので、そちらの栄養素も同時に摂ることが出来ます。


その他お茶入り


杜仲茶や黒烏龍茶が入っている青汁もありました。探せば他のお茶が入っている青汁もありそうです。お茶と青汁の相性がいいんでしょうね。試しに青汁に自分の好きなお茶と混ぜてみてもいいかもしれません。


マテ茶


アトリーの「マテ茶青汁」というものがありますが、この商品は普通の青汁にマテ茶が混ざっているのではなく、マテ茶自体が青汁になっているようです。


マテ茶は飲むサラダと呼ばれる南米産のお茶で、ミネラル分がバランスよく含まれています。アトリーの商品には飲みやすくするためにオリゴ糖が入っています。口コミでも飲みやすいという感想が多いです。


余談ですが、アルゼンチンには、出したマテ茶で心を伝える文化があります。


アルゼンチンのマテ茶の文化

シナモンを加えたものだと、愛してる。
はちみつを入れたものだと、結婚して欲しい。
ぬるいものだと、会いたくない。
コーヒーと混ぜたものだと、仲直りしたい。


京都のお茶漬けのようなものでしょうか。これを日本のお茶、コーヒーに置き換えても面白そうです。ただ、普通にそういうお茶を飲みたかっただけなのに深読みされて、勘違いされちゃうと困りますけどね。


この記事を読んだ人にオススメのその他の記事

いろいろ入りの青汁(はちみつ、乳酸菌、きな粉、しょうが、レモンなど)
青汁の形状チェック(粉末、液体、錠剤、フリーズドライ、ジェル)
青汁はいつ頃からあった?ケールの青汁ができたのは?
青汁以外の健康飲料あれこれ





はじめての人はまずここから!青汁基本ゼミナール

 

あんなことにまで効くの?!こんなにあった青汁の効果・効能

 

青汁の青は何の青色?青汁のいろいろな材料

 

青汁にもいろいろなタイプあり!形状・特徴

 

青汁に関する疑問を解決!青汁なるほどQ&A

 

青汁に関することならなんでもござれ!青汁こぼれ話

 

人気の青汁一覧

 

健康についての豆知識