青汁に関することならなんでもござれ!青汁こぼれ話

青汁はいつ頃からあった?ケールの青汁ができたのは?

青汁が世間的に認知されるようになったのは90年代半ばぐらいです。バラエティ番組で使われたり、インパクトのあるCMのおかげで知名度がぐっと上がりました。そして健康ブームやダイエットブームの流れなどに上手く乗り、多くの商品が発売され、今では割と当たり前に飲まれるようにまでなりました。知らない人はいないぐらいではないでしょうか?


認知されだしたのは90年代半ばですが、実は青汁はそれ以前から存在していました。


歴史を遡ってみるとなんとなんと!平安時代にはすでに存在していたようです。日本現存最古の医学書である医心方(いしんぼう)に植物の葉の汁の記述があるのです。現代のような健康ドリンクというものではなく、薬として飲まれていたようですが、青汁と近いもののようです。そんなに昔の人々が青汁を飲んでいたかと思うと不思議な感じがしますね。紫式部あたりが不味いっっ!!と言いながら飲んでいたかもしれませんね。


現代の青汁の原型が出来たのは時が流れ、第二次世界大戦中のことです。食糧難で栄養不足、栄養失調の人々がたくさんいました。栄養不足を補うために医師の遠藤仁郎博士によって青汁が作られました。「緑葉末油煉」と呼ばれるもので、原料は以下の様なものです。


当時の青汁の原料

大根葉
サツマイモの葉
里芋の葉
大豆の葉
南京豆の葉
フキの葉
ゴボウの葉
茄子の葉


などです。大根の葉は普通に料理として使うこともありますが、他の葉は普通は捨ててしまうものです。現代では栄養のある野菜が入っていますが、当時はそんな余裕はありません。とにかく入れられるものを入れてしまおう、という感じです。食糧不足のなかでいかに栄養を摂るかということが大切だったのです。


そして戦後になると食料の供給が増え、材料を選べるようになります。そこで登場したのがケールを使った青汁でした。もちろん遠藤博士の手によって、1954年にはもう出ていました。


遠藤博士の考え方、遠藤青汁普及会の旗印は「緑葉食青汁の普及をはかり、国民健康の増進に寄与するを目的とし、支部はこの趣旨を体して青汁の製造頒布に当り、営利を貧らず、誠心誠意この聖業に精進する」としていました。


遠藤博士は自分の利益よりも国民の健康が第一という考え方の方で本当に素晴らしいと思います。営利を求めている人とは必然的に対立してしまったようなのですが、本当に立派な方です。


岡山県倉敷市の向山公園には遠藤博士のブロンズ像が置かれています。日本の食生活を豊かにしてくれた方ですから像が造られても当然ですよね。ちなみに、「青汁」と命名したのは遠藤博士の奥さんなんです。夫婦揃って青汁の生みの親ということなんですね。


海外にも青汁はある?海外製のものを日本で買える?


青汁、というと日本のものというイメージが強いです。しかし健康志向は日本人だけではありませんし、野菜は海外にだってあります。海外には青汁はあるのでしょうか?探してみると...ちゃんとありました!


生産国がアメリカ合衆国のアメリカ人のための青汁「ProGreens」です。これは日本でもamazonなどのネットショップで購入することが出来ます。海外サイト「Vitacost」ならより安く購入することができます。1つ265g入りで1日1杯8.8gなので約1ヶ月分ぐらいです。これを水に溶かして飲みます。鮮度を保つために出来るだけ冷蔵庫で保管したほうがよいとのことです。


このProGreensにはカプセルタイプのものもあって、人によってはそっちのほうが飲みやすいかもしれませんね。


含まれているものは緑色野菜、海藻類、ハーブ、食物繊維、乳酸菌など30種類以上です。ケールや大麦若葉のみという感じではなく、ブレンド青汁という感じですね。


宣伝コピーに「ミスユニバースジャパンの管理栄養士も勧める、アメリカ版の青汁」と書かれていました。ミスユニバースと言われるとなんだか効果がありそうな気がしますね。


次に、グリーンマグマという商品。


これは、日本の日本薬品開発株式会社が販売しているものですが、海外展開もしています。


アメリカ、カナダ、イギリス、イタリア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、クロアチア、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、セルピア、チェコ、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポーランド、リトアニア、ルーマニア、ロシア、アラブ首長国連邦、イスラエル、インド、インドネシア、シンガポール、タイ、台湾、マレーシア、レバノン、ニュージーランド、そして日本...なんと世界36カ国で販売されているのです。


青汁は国境を越える、ですね。グリーンマグマの原材料は大麦若葉です。さすがにケールが原材料の青汁だと不味いのでここまで海外展開出来なかったかもしれません。ただ、生まれて始めてケールの青汁を飲んだ外国人のリアクションは見てみたいですw


オーストラリア在住の方のホームページでも見つけました。


「Super Greens」という青汁で、Swisseという健康食品メーカーが出している商品です。画像検索で見ると真緑の液体で、日本の青汁と同じような感じの商品です。


探せばもっと、世界中には沢山の青汁のような商品はあって、飲まれていることと思います。


どんなに優れた青汁、美味しい青汁だとしても長く続けているとどうしても飽きが来てしまいます。そんな時に海外の青汁に手を出すのも一つの手かもしれません。こんな風に気分転換のような感覚でいろんな青汁に挑戦することも継続できる方法かもしれません。


この記事を読んだ人にオススメのその他の記事


元祖青汁!まずい青汁の原料といったら【ケール】
昔から漢方薬として使われてきたものが素材の青汁【桑の葉】
手作り、自家製の青汁のポイントは?





はじめての人はまずここから!青汁基本ゼミナール

 

あんなことにまで効くの?!こんなにあった青汁の効果・効能

 

青汁の青は何の青色?青汁のいろいろな材料

 

青汁にもいろいろなタイプあり!形状・特徴

 

青汁に関する疑問を解決!青汁なるほどQ&A

 

青汁に関することならなんでもござれ!青汁こぼれ話

 

人気の青汁一覧

 

健康についての豆知識