はじめての人はまずここから!青汁基本ゼミナール

要注意!青汁を飲んではいけない人もいる?!

青汁は口コミでも評判が良く、健康のために老若男女が飲んだほうが良いものと考えている人も多いと思います。しかし、実は残念なことに特定の病気を患っている人などは青汁を飲んではいけない、飲まないほうがいいのです。


人工透析などをしている・腎臓の機能が衰えている人


青汁にはカリウム、リン、ビタミンAがたくさん入っています。しかし、透析患者の方は腎臓の機能が衰え、カリウムやリン、ビタミンAを外に排出する機能が弱まっているので、カリウムが溜まってしまいます。高カリウム血症やカリウム中毒という症状を起こしてしまうので青汁は飲まないようにしておきましょう。


ワーファリンという薬を服用している人


青汁にはビタミンKという血液凝固成分に関わる脂溶性のビタミンがたくさん含まれています。つまり青汁を飲むと血液が固まりやすくなるのですが、ワーファリンはその逆で、血液を固まりにくくするお薬です。


心臓や血管の病気で、血液が固まりやすい状態になることを防いでくれています。青汁を飲むことでワーファリンの効き目を打ち消してしまう可能性があるので、控えたほうがいいという訳です。ちなみにこの薬を飲んでいる人は同じ理由により納豆も食べないほうがよいです。


甲状腺に異常がある人


ケールの青汁に含まれているイソチオシアネート類は甲状腺ホルモンの合成を阻害してしまいます。甲状腺機能に異常のある方はケールの青汁は飲まないようにしてください。また、ケール以外でもキャベツ、大根、ブロッコリー、わさびなどにも多く含まれていますから注意が必要です。


他にも妊婦・授乳婦はオウシュウヨモギを、セリアック病の人は大麦に注意しなければなりません。その他、食物アレルギーの方は表示をしっかり見て気をつけてください。医師から食事制限されている方も青汁を飲み始める前は、相談が必要です。


人間の身体というのは複雑で、繊細に出来ています。健康に良いものを闇雲に摂れば健康になれるんでしょ?というのは大間違いです。人によっては合う、合わないがありますから、口コミと異なる結果になるということは往々にしてあるということを頭に入れておかなければなりません。


健康のために青汁を飲んでいるのに、逆に、不健康になってしまったなんて笑い話にもなりません。しっかり納得した上で、青汁を飲むようにしましょう。


この記事を読んだ人にオススメのその他の記事

特定保健用食品と栄養機能食品の青汁の違い
青汁の飲み方いろいろ&料理にも使える青汁
青汁で補える栄養成分 鉄分・カルシウムは補える?





はじめての人はまずここから!青汁基本ゼミナール

 

あんなことにまで効くの?!こんなにあった青汁の効果・効能

 

青汁の青は何の青色?青汁のいろいろな材料

 

青汁にもいろいろなタイプあり!形状・特徴

 

青汁に関する疑問を解決!青汁なるほどQ&A

 

青汁に関することならなんでもござれ!青汁こぼれ話

 

人気の青汁一覧

 

健康についての豆知識